融資実績を<無料>でプレゼントいたします

創業融資について、こんな風に考えていませんか?

「窓口に申請したら、融資を受けられるもの」

「よほどブラックな履歴や無茶な計画でなければ、融資を受けられるもの」

「しっかり準備すれば、起業家自身でも融資を受けられるもの」

そのようにお考えの方の声を伺います。
しかし、本当でしょうか…?

実際、融資の実行確率は50%以下と言われています。
それは事前の情報収集不足、準備不足によるものです。

金融機関担当者が何を重視するかを知っていますか?

創業融資の審査に通りやすい計画書の作り方を知っていますか?

「まずは自分で創業融資を申請してみる」これは一番おすすめできないやり方です。

しっかりと情報を収集することが重要です。
そのために、起業家の方へ向けて作ったのが資金調達事例です。

資金調達事例の内容

事例①『日本政策金融公庫の創業融資事例』★起業家の方へのオススメコンテンツ

自己資金の3倍強となる1,000万円の融資を受けることに成功した事例

弊所関与先であるM社に勤務するKさんから、独立開業のご相談がありました。

「500万円の貯蓄はあるが、全額を事業につぎ込むのは不安がある。300万円だけ事業資金とし残りは融資を受けたい。いくらぐらい融資を受けられそうか?」との質問でした。

Kさんが当初考えていた総事業費は、運転資金も含めて1,500万円。
よって1,200万円が必要調達額となります。

借入可能額の実態は自己資金の2倍程度までしか融資が出ないケースが殆どです・・・・・

事例②『創業してすぐに2店舗目の出店資金を調達した事例』

事例③『創業1年後の追加融資事例』

事例④『資金調達がうまくいかない事例』

事例⑤『資金調達により事業が大きく伸びた事例』

事例⑥『保証付き融資を2度断られた企業が3度目で融資を受けられた経緯』

事例⑦『財務無策が招いた資金繰り悪化事例』

事例⑧『決算書に信ぴょう性が無く、融資を断られた事例』

事例⑨
『年商1,800万円の飲食店経営者が 1,200万円の新店舗出店資金を調達した事例』

 

実績のダウンロードは下記のフォームよりお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※ダウンロード頂いた方には事務所より最新情報満載のニュースレター等をご送付させて頂ければと思います。

2019年創業資金調達セミナー
創業融資無料診断 お金に困らない経営を支援します! 創業融資を中心とした事業立上げのコンサルティングを月5件に限定して実施しています!
低金利時代の今、融資獲得の大チャンスです!専門家が対応して金利削減!早期融資!調達額UP!調達率UP!創業融資サポート 完全成果報酬調達額2%~

サポートメニュー一覧

開業・創業時の資金調達をお考えの方

開業・起業の準備でお悩みの方

会社設立をお考えの方

会社設立後の会計税務をお考えの方

融資実績

PAGE TOP